さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2013年06月28日

【13.6/28】北斗星(下)●久々の開放B寝台

乗車429回目●13.6/28発 下り「北斗星」 上野→函館(B寝台下段)


 都内の出版社さんでのお仕事、残念ながら滞在中に全ての作業を終えることはできませんでしたが、別件の取材予定もあるのでとりあえず一旦札幌に戻ります。
 さすがに金曜夜の下り列車、今夜の「北斗星」は全車満席との事。
 間際になっての日程変更だったので個室が取れず、多分数年ぶり位の開放B寝台利用となりましたが、それでも禁煙車の下段が確保できたのはラッキーでした。
 せっかくなので、久々に昔ながらのブルートレインの雰囲気を満喫していこうと思います。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年06月26日

【13.6/26】北斗星(上)●「国鉄」の面影今も

乗車428回目●13.6/26発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 いつも札幌を出る時、ちょうど入れ違いで隣のホームに入ってくる手稲方面行きの普通電車。
 札幌圏でもすっかり珍しくなった国鉄時代の旧型車両が使われている貴重な運用ですが、とりわけ今日は国鉄時代、デビュー当時のボディカラーを復刻したレアな編成がやってきました。
 同じ赤色でも他の編成より渋めの色合いで、塗り分けも異なり少々垢抜けない感もありますが、それが今となっては逆に貫録とさえ感じます。
 JR発足後に走り始めた列車とはいえ、「北斗星」の客車も元を辿れば国鉄時代のブルートレインそのもの。
 まるで四半世紀以上前に戻ってしまったかのような一瞬の顔合わせでした。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年05月18日

【13.5/18】北斗星(上)●踏切事故の影響で

乗車427回目●13.5/18発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 「北広島~島松間で快速エアポートとトラクターが衝突した為、運転を見合わせております…」
 2分遅れで札幌駅4番線ホームに入線してきた「北斗星」に乗り込むと、すぐに事態を知らせる車内放送が流れました。
 恐らく後続列車の為にホームを空ける必要もあったのでしょう。
 とりあえず定刻通り17時12分に発車して、この先新札幌まで運転するとのアナウンスでしたが、実際には新札幌の手前、白石駅まで来たところで動かなくなってしまいました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年04月24日

【13.4/24】北斗星(下)●東京土産を道連れに

乗車426回目●13.4/24発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 最近では東京から更に先、福井方面などに足を延ばすことが多かったので、「北斗星」で単純往復、東京1泊のみというシンプルな旅程は久々のような気がします。
 出発前からしばらく慌しい日々が続いていたので、今夜くらいは少しゆっくり旅を楽しんで帰ろうと思います。
 滞在最終日、訪問先の出版社さんでのお打合せが思いのほか早く終わり、時間つぶしのつもりで訪れた鉄道博物館で「北斗星」の可愛らしい缶入りお菓子を見付けました。
 旅写真では割とありがちなパターンですが、今回はこの子と一緒に札幌まで旅してみることにしました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年04月22日

【13.4/22】北斗星(上)●フキノトウに見送られて

乗車425回目●13.4/22発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 つい先週、往復飛行機利用での本州行きを挟んだので、何だか随分久々のような気がします。
 開業25周年記念日…3月13日以来の「北斗星」の旅。
 当たり前ですが車窓はもうすっかり春らしくなっていました。
 夕陽を浴びて、日陰の残雪と線路際のフキノトウに見送られて一路東京を目指します。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年03月16日

【おしらせ】JTBムック「今こそ乗りたい寝台列車の旅」に掲載


 奇しくも「北斗星」開業25周年のタイミングで、このような出版物に参加させて頂けたことに御縁を感じ、そして本当に嬉しく思っています。
 「北斗星」や「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」など、現存する全ての寝台特急・急行と、臨時夜行列車を網羅したガイドブックに、イラスト・記事・写真を提供させて頂きました。

 「旅する前に知っておきたい!寝台列車のヒミツ」と題するコラム欄で、上下列車で異なる走行ルートの謎や、青森・函館での機関車交換の理由、北海道新幹線開業後の青函トンネルの使われ方などをご紹介した他、「北斗星」乗車記、走行ルートマップのページにも駅や車内の写真を多数掲載して頂いています。
 いささか手前味噌ながら、熱心な寝台列車ファンのみならず、これから乗ってみたいと思われている方にも格好の一冊に仕上げられたものと自負しておりますので、ぜひお手にとって御覧頂ければ幸いです。

 3月15日(金)より全国書店で発売。
 B5版オールカラー144頁・1680円(税込み)
 JTBパブリッシング発行
 (ISBN978-4-533-08993-0)


こちらからも購入できます(楽天ブックス)
【送料無料】今こそ乗りたい寝台列

【送料無料】今こそ乗りたい寝台列
価格:1,680円(税込、送料込)




【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)

>>道新ブログ「北の駅の待合室 ~北斗星と旅した400回~」も公開中!併せて御覧下さい。(PC)

  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 14:53おしらせ

2013年03月13日

【13.3/13】北斗星(下)●25周年は新刊と共に

乗車424回目●13.3/13発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 この日、3月13日は「北斗星」開業25周年の記念の日。
 10周年、20周年、そして昨年24周年の時も乗っていましたが、とりわけ今回は感慨深いものがあります。
 節目の日の列車に、自ら「北斗星」のイラスト・記事を手掛けた新刊を手に乗ることができたという幸運…。
 集大成…などと言うにはまだまだ早過ぎますが、絵描きになって良かった!と少しだけ思えた瞬間です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年03月09日

【13.3/9】北斗星(上)●名残りの競演、よもやの再会

乗車423回目●13.3/9発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 前日からの暴風雪で札幌圏でもダイヤが混乱。
 既に発車済みの列車ですが、改札前の掲示板には上り「トワイライトエクスプレス」85分遅延と書かれた紙がまだ貼り残されていました。
 「北斗星」も17時12分、いつもより10分弱ほど遅れて札幌駅4番線ホームに入線したものの、その後なかなか動き出す気配はありません。
 そのうちに隣の3番線には札幌では珍しい1両編成のディーゼルカーがやってきて、やがて小樽方面へと回送されていきました。
 結局、札幌を発車したのは17時37分。
 25分ほどの遅延となりましたが、よもや後々、この遅延が思わぬ偶然を招くことになろうとは…。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年02月16日

【13.2/16】北斗星(下)●真新しいキーホルダー

乗車422回目●13.2/16発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 車内改札の車掌さんに渡されたルームキーのキーホルダーがいつのまにか新品に替わっていました。
 厚みのある革製のなかなか立派なもので、今でも北海道の車掌さんが車内で販売されているお土産品と同じもの…かと思いきや、販売用はかつてA個室「ロイヤル」の鍵として使われていたもののレプリカで、ヘッドマークが型押しではなく別の金属部品になっているなど全くの別物です。
 わざわざ別注で作られたのか、それともたまたま社内に残っていた在庫品を出してきたのかは分かりませんが、いずれにせよ運転開始から四半世紀、今でも現場の方々が「北斗星」を大切にして下さっている様子を垣間見たような気がしました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年02月14日

【13.2/14】北斗星(上)●重たい湿雪の中

乗車421回目●13.2/14発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 テレビ塔も、JRタワーの頂上も見えない位、札幌を出る時から重たい湿雪がかなり激しく降り続いていました。
 見ていると、この列車も、すれ違う列車も軒並み数分程度ずつ遅れが出ているようです。
 出発前に見た天気予報では今週末も荒天との事。
 ちょうど復路の頃に当たりそうで、今からちょっと心配になります。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年01月23日

【13.1/23】北斗星(下)●福井からの帰り道

乗車420回目●13.1/23発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 福井取材の往復に「北斗星」を使うのも何だか不思議な気がしますが、途中東京にも色々用事はありますし、ならば二度に分けて出掛けるよりも一度の旅にまとめてしまったほうが、日程、旅費ともに楽になるというものです。
 今回の目的は年明け最初のえちぜん鉄道訪問。
 昨年秋、原画展を開催させて頂いた山王駅の待合室はその後すっかり綺麗にリフォームされていました。
 他にも、つい先日搬入されたばかりの新型車両や、それと入れ替わるように引退した旧型車両の解体作業の現場など貴重な場面も色々見ることができて、バタバタと駆け足ながらも実り多い取材になりました。
 えちぜん鉄道も、「北斗星」も、今の私にとっては創作活動の核ともいえる大切なテーマ。
 天秤にかけることなど出来るわけもありませんが、何度乗っても、何度訪れても、まだまだ見るべきものが一杯で、両方とも本気で掘り下げようと思ったら本当に身体が二つ欲しくなる位です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年01月19日

【13.1/19】北斗星(上)●「北の星空の下を…」

乗車419回目●13.1/19発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 「それでは、北の星空の下を駆け抜ける『北斗星』の旅をどうぞお楽しみ下さい…」
 札幌発車後、定石通りに列車編成や主な駅の到着時刻をひと通り伝え終えた車掌さんは、最後に粋な言葉で車内放送を締め括られました。
 数日前から少々風邪をこじらせてしまいましたが、幸い咳も出なくなり、熱も平熱に下がったので何とか大丈夫そうです。
 いささか見切り発車の感もありますが、予定通り今夜の上り「北斗星」で出発することにしました。
 今夜は無理せず、おとなしく極力部屋に籠って過ごすことにします。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年01月09日

【13.1/9】北斗星(下)●新年初遅延

乗車418回目●13.1/9発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 シャワーカードを買いに食堂車に行くと、顔なじみの男性アテンダントさんに「今日は遅らせないで下さいよ!」と笑われました。
 勿論、決して彼が非礼なわけではなく、温かな人柄と親近感あってこその冗談ですが、どうやら私が乗る日は遅延が多いとすっかり覚えられてしまっているようです。
 今日の夕食はパブタイムのピッツァ・マルゲリータ。
 以前メニューにあったミックスピザも好きだったのですが、この薄手のパリッとした生地の美味しさもお気に入りです。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年01月06日

【13.1/6】北斗星(上)●年明け最初の「北斗星」

乗車417回目●13.1/6発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 新年最初の「北斗星」、食堂車の入口にはクリスマスリースに替わって正月飾りが掛けられていました。
 家族連れや友達同士、カップルに一人旅、それに外国人グループなど、今夜の客層は様々ですが、発車後すぐに車内探索といった様子で各車両を回られる方が多かったのはいかにも冬休みシーズンらしい雰囲気です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年12月25日

【12.12/25】北斗星(上)●車両故障と猛吹雪と…。

乗車416回目●12.12/25発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室デュエット)


 猛烈な低気圧の接近で北日本は大荒れの予報。
 十中八九、「北斗星」も運休だろうと内心諦めてはいたのですが、予定通り走ると訊いて逆に驚いてしまいました。
 ところが、発車案内の「北斗星」の文字を見て安堵したのも束の間、入線予定の17時03分を過ぎても一向に列車が現れる気配がありません。
 やがてホームに流れたのは「車両点検の為、入線が遅れております…」とのアナウンス。
 まだ手稲の車両基地を出ていない…ということは、入線はかなり遅れることになるのでしょう。
 とりあえず、寒いホームからコンコースに降りてストーブの前で待つとします。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年12月03日

【おしらせ】月刊「旅行読売」2013年1月号に掲載


 月刊「旅行読売」(旅行読売出版社発行)2013年1月号・夜行列車特集にイラスト・記事を掲載して頂きました。
 見開き2ページ・イラスト8点、「北斗星の人々」と題して、これまでの旅を通じて出会った車掌さん・乗務員さんや乗り合わせた乗客の方々との思い出を車内の情景と共に描いています。
 12月1日(土)より全国書店で発売中。(地域によっては発売が若干遅れる場合もございます)
 B5版4オールカラー188頁、480円(税込み)。


こちらからも購入できます(楽天ブックス)
【送料無料】旅行読売 2013年 01月号 [雑誌]

【送料無料】旅行読売 2013年 01月号 [雑誌]
価格:480円(税込、送料別)




【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)

>>道新ブログ「北の駅の待合室 ~北斗星と旅した400回~」も公開中!併せて御覧下さい。(PC)

  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 22:23おしらせ

2012年12月01日

【12.12/1】北斗星(下)●遅延のクリスマスプレゼント

乗車415回目●12.12/1発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 帰りの「北斗星」に乗る前に書店を覘いたら、「北斗星」のイラスト・記事を寄稿させてて頂いた「旅行読売」2013年1月・夜汽車特集号が既に並んでいました。
 毎月2日発売と訊いていたのですが、明日の2日が日曜日なので1日早くなったのでしょうか?
 いずれにせよ札幌の書店に並ぶのは更に数日先になりますから、今日のうちに手にすることができてちょっと得した気分です♪
 もっとも、そんなささやかな幸運を喜んだのも束の間、実はこの後、思わぬ大遅延に巻き込まれてしまうことになるのですが…。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年11月28日

【12.11/28】北斗星(上)●猛吹雪の翌日

乗車414回目●12.11/28発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 先月10月27日のダイヤ改正で「北斗星」の発車ホームが4番線に変わりましたが、それまで入っていた隣の5番線には今日は学園都市線・北海道医療大学行きの新型電車が停まっていました。
 学園都市線といえばディーゼルカー、それも本来はこの「北斗星」のように機関車に牽かれて走る「客車」だったものにエンジンを積んで自走できるよう改造した「PDC」と呼ばれる珍しいタイプの車両ばかりが走っている印象が強かったのですが、電化に伴う今年6月、10月の二度の改正で新型電車に置き換えられて、今ではすっかり都会的な雰囲気に変わってしまったようです。
 道内の猛吹雪の影響で一昨日11月26日発の下り「北斗星」は函館打切り。
 昨日27日発の下りも2時間半ほどの遅延と訊いて折返し今夜の上りの発車も遅れるのではないかと心配しましたが、折り返し整備の作業員さんが頑張って下さったのでしょう、定刻17時12分に無事札幌駅を出発することができました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年11月13日

【12.11/13】北斗星(下)●三十路最後の想い出

乗車413回目●12.11/13発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 えちぜん鉄道・山王駅での原画展、おかげさまで盛況でした。
 本当に小さなローカル線の駅ですが、それだけに駅員さん・社員さんや地元の方々と一緒に、手作り感溢れるアットホームなイベントができたと嬉しく思っています。
 展示を終えての帰路、米原~東海道新幹線経由で途中東京で1泊。
 元々都内でお仕事の可能性もあったのですが、どうやら次回、月末以降になりそうな感触になってきたので、今回はおとなしく翌日の「北斗星」で札幌に戻ります。
 額縁18枚は宅配便で送り返してしまったので少し身軽になりましたが、それでもそろそろ長旅の疲れが身に沁みてくる頃です。
 さすがに今夜は食事を済ませたら、おとなしく早めに休んでしまうつもりです。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年11月09日

【12.11/9】北斗星(上)●えちぜん鉄道・山王駅原画展へ

乗車412回目●12.11/9発 上り「北斗星」 札幌→大宮(B個室ソロ)


 今回の旅の目的は明後日11日のえちぜん鉄道・山王駅での原画展。
 近日中のリフォーム工事が決まったのを受けて、昔のままの駅舎の中での最後の思い出にイベントを催させて頂こうという趣向です。
 実は工事の報を受けたのがつい先月の福井取材から帰ったばかりの時で、大慌てで企画をまとめて交渉して、正式に開催が決まったのはほんの半月ほど前の話。
 私自身もビックリするような急転直下の展開でしたが、わざわざ工事日程を調整してまで応えて下さったえちぜん鉄道さんには只々感謝するばかりです。
 というわけで原画・額縁一式携えて大荷物での福井行き。
 空港までの移動や乗り換え、荷物の受け渡しなどの面倒を考えると、こういう時こそ飛行機よりも個室寝台車のありがたみが分かろうというものです。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記