さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記 › 北斗星乗車記 › 【13.4/22】北斗星(上)●フキノトウに見送られて

2013年04月22日

【13.4/22】北斗星(上)●フキノトウに見送られて

乗車425回目●13.4/22発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 つい先週、往復飛行機利用での本州行きを挟んだので、何だか随分久々のような気がします。
 開業25周年記念日…3月13日以来の「北斗星」の旅。
 当たり前ですが車窓はもうすっかり春らしくなっていました。
 夕陽を浴びて、日陰の残雪と線路際のフキノトウに見送られて一路東京を目指します。



 南千歳を過ぎた頃、夕陽を背に新千歳空港へと高度を下げていく飛行機の姿が見えました。
 「北斗星」と飛行機、というのもいずれ絡めて描いてみたいモチーフです。


 苫小牧あたりで陽は沈みましたが、暮れなずむ車窓の景色は東室蘭、伊達紋別あたりまでは楽しむことができました。
 紫色の空に白鳥大橋、室蘭の山々の陰と街明かりが印象的な風景でした。


 ふと思い立って、デジカメの感度を最大値ISO12800に設定し、部屋の明かりを全て消して窓に向けてシャッターを押したら、肉眼では見えなかった駒ヶ岳の姿が液晶モニターにくっきりと浮き上がりました。
 撮れたとは言っても御覧の通り、粒子も色もかなり粗くて鑑賞写真としてはいささか無理がありますが、絵を描く為の参考用と割り切るなら、こういう写真でも残しておく価値はありそうです。


 函館駅での機関車交換作業中、今度は感度をISO800にまで下げて、シャッター速度を思いっきり遅くして函館山を狙ってみました。
 さすがに停車中でなければこのような撮り方はできませんが、やはりこちらの方が写りは俄然綺麗なようです。
 いずれにせよ、フィルムカメラの時代には難しかった夜景の撮影が誰でも簡単に出来るようになったのはつくづく有難い話で、これからも夜行列車の貴重な光景を少しでも記録すべく、知恵を絞って色々挑戦してみようと思っています。


 新中小国信号場手前、青森側の新幹線分岐点の工事現場。
 今夜は何か大掛かりな作業が行われるのか、アーチ型の橋桁全体が煌々と照らされて夜の闇に白く浮き上がっていました。


 深夜、青森駅での機関車交換。
 今日は銀色の「カシオペア」塗装の機関車がやってきました。


 浅虫温泉を通過したところで見える陸奥湾は特にお気に入りの風景で、とりあえず、ここを過ぎるまでは頑張って起きているのがいつものパターンです。 
 とりわけ今夜は良い雰囲気で月明かりが海を照らしてくれていました。
 画質を取るか、感度を上げるか迷った末、やはり実験のつもりで感度をISO12800にまで上げて撮ってみました。


 福島県に入るあたりで目が覚めました。
 昨晩は部屋に暖房を入れていたのですが、今朝は暖房を切っても少し暑い位の陽気です。
 遠くに見えるのは安達太良山…でしょうか?
 冠雪の山並が朝陽を浴びて青空によく映えていました。


 水を張った水田、咲き乱れる菜の花…。
 東京に近付くにつれて徐々に季節が進んでいくようです。


 上野に着く前、車窓に広がる尾久の車両基地の方に目をやると、つい最近まで「北斗星」を牽いていた「EF510」の仲間が5両ほど連なって、パンタグラフを下ろしたまま置かれているのが見えました。
 「北斗星」「カシオペア」の新しい牽引機として全15両が導入された「EF510」ですが、先月のダイヤ改正以降、本業の傍らで担っていた首都圏の貨物列車運用から撤退し、デビューから僅か3年ほどで相当数の余剰車が生じてしまったと訊いています。
 恐らく今後は寝台特急用として最低限の数を残して、残りの車両はまた新たな勤め先を探して異動していくことになるのでしょう。
 去る者と残る者、同じ仲間の機関車でも運命は様々なんだなぁ…と、ちょっと切なくなる光景でした。


 9時38分、ほぼ定刻通り上野駅13番線ホームに到着すると、隣の15番線には先行の「カシオペア」が停まっていました。
 今朝は「カシオペア」のほうが「北斗星」カラーの青い機関車。
 そして今日は「北斗星」のほうに回った銀色の機関車は、僅か2両しかいないだけに当然「残留組」になるのでしょう。

 冬場はダイヤ変更・減速運転で「北斗星」のみ到着時刻が30分ほど繰り下がっていたので、こうして2本の寝台特急が並ぶ姿はしばらく見ることはできなくなっていました。
 ちょっと懐かしい、そして実に絵になる朝の上野駅の風景です。


【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)
>>道新ブログ「北の駅の待合室 ~北斗星と旅した400回~」も公開中!併せて御覧下さい。(PC)




同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12 │北斗星乗車記

削除
【13.4/22】北斗星(上)●フキノトウに見送られて