さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2012年02月16日

【12.2/16】北斗星(上)●道内、寒波襲来

乗車396回目●12.2/16発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 昨晩から道内は荒れ模様。
 運休にならないかと出発間際まで心配だったのですが、幸い「北斗星」のルートにはそれほど大きな影響は無かったようです。
 札幌を出る頃はまだ穏やかだったものの東室蘭あたりから本格的に吹雪き始め、伊達紋別には数分ほど遅れて19時17分到着。
 ここで行き違う19時10分発、下り「北斗17号」が我が「北斗星」の到着を待ちわびているかと思いきや、向こうもやはり遅れていたらしく、ようやく暗闇にヘッドライトが見えたのは「北斗星」到着よりも少し後の事でした。



 今夜は2回目のディナー予約が無かったらしく、食堂車では20時丁度にパブタイムが始まりました。
 ちなみに定刻なら長万部を出たあたりですが、今日は若干遅れているので長万部到着前です。
 ディナーが無い位だからパブもきっと空いているだろうと、20時からのシャワーを済ませて45分頃に出掛けてみると意外にもほぼ満席。
 唯一空いていた厨房寄りの2人テーブルにどうにか座ることができました。

 メニューを開くとドリンクが2品、新しく加わっていました。
 カクテルでしょうか?「これはお酒です」と書き添えられた「ピーチアールグレイ」500円也と、こちらはソフトドリンクの「アールグレイティー」400円也。
 下戸なのでお酒の方はともかく、アールグレイティーにはちょっと興味があったのですが、ビーフカレーの食後にはやっぱりコーヒーかな?と思って今回は断念。
 覚えていたら復路にでも試してみようと思います。


 函館を出てからの最後尾、1号車デッキの貫通扉の窓がいつのまにか従来の金網入りガラスから樹脂板(ポリカーボネイト)に交換されていました。
 石や氷塊がぶつかってもガラスより割れにくいので、JR北海道では特急列車の外窓などに多用されている素材です。
 先月乗った時の車両は金網入りガラスのままでしたから、ここ最近になって換えられたか、順次交換を進めている最中なのかも知れません。
 趣味的には目障りな金網が無くなったので眺めは良好、写真も撮りやすくなったのは嬉しいところですが、経年劣化で傷がついたり、徐々に白濁することもある素材なので、いつまで今の綺麗な状態が保たれるかいささか心配ではあります。


 一昨年暮のダイヤ改正以降、函館駅での停車時間が12分とかなり余裕のある設定になったので、多少の遅延はここで吸収してしまえるようになりました。
 今回も函館発車は21時48分、定刻通りです。
 いつもは「北斗星」の発車とほぼ同時に函館に到着する後続の上り特急「北斗20号」、今日は10分ほど遅れているらしく、函館発車後、ちょうど五稜郭ですれ違いました。


 ポリカーボネイトの思わぬ効用を発見!
 この季節、特に列車最後尾では舞い上がる雪がガチガチに固まって窓も全て埋め尽くしてしまうことが珍しくないのですが、ポリカーボネイトはガラスに比べて「しなる」素材なので、こびりついた雪塊が振動によってドサッと落ちてしまうことが間々ありました。
 きちんと比較したわけではありませんが、感覚的にはガラスよりも随分落ちやすいような気がします。
 おかげでタイミングよく視界が開けてこんな写真を撮ることができました♪


 真夜中の3時過ぎ、急に列車の速度が落ちたと思ったら、「日詰」という小さな駅に停まりました。
 ホームには保線とおぼしき作業員さんの姿が多数。
 ほどなく動き出しましたが、何か工事でも行われていたのでしょうか?


 6時前、福島手前で目が覚めました。
 外はだいぶ明るくなってはいたものの、まだまだ夜明け前といった趣です。、
 福島発車は6時17分。
 6時33分、只今17分ほどの遅延で運転中…と朝一番の車内放送が流れました。

 今朝も厳しい冷え込みです。
 郡山を過ぎてもまだ雪景色が続いていました。


 今回、札幌発車前から各部屋・寝台にアンケート用紙が置かれていました。
 「北斗星」の利用頻度や今回の乗降車駅、設備やサービスについての要望など。
 好意的に捉えるなら、震災以降、いささか需要が低迷気味だった「北斗星」のテコ入れ策を探る為。
 うがった見方をすれば、「お客様の意見は伺ったのですが…」という、廃止に向けてのアリバイ作り…といったところでしょうか?
 いずれにせよ、何故このタイミングで?というのはやはり気になるところではあります。

 本当は「自由回答欄」は無かったのですが、勝手に思いの丈を色々記させて頂きました。
 「北斗星フリーク」…というよりも、時に仕事で、時に家庭の事情等で、実用的な移動の足としてこの列車を常々必要としている「北斗星ユーザー」としての率直な意見、少しでもJRさんに届いてくれたらと願うばかりです。


 遅延の影響で到着ホームが変わり、おかげで思いがけず良い構図で写真を撮ることができました。
 いつもの13番線ではなく今日は15番線、終点・上野には30分ほど遅れての到着でした。


【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)

>>道新ブログ「北の駅の待合室 ~北斗星と旅した300回~」も公開中!併せて御覧下さい。(PC)



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12 │北斗星乗車記

削除
【12.2/16】北斗星(上)●道内、寒波襲来