さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記 › 北斗星乗車記 › 【11.5/20】北斗星(上)●2ヶ月ぶり再開一番列車の旅2

2011年05月21日

【11.5/20】北斗星(上)●2ヶ月ぶり再開一番列車の旅2

乗車374回目●11.5/20発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)

 東日本大震災の影響で長く運休が続いていた「北斗星」、その運転再開一番列車に乗る機会が得られました。
 いつもの「北斗星乗車記」と比べるとかなりのボリュームになってしまいますが、垣間見た現地の風景やいつもと違う車中の様子など、多少なりとも感じ取って頂ければ幸いです。
 >>札幌出発から全部読まれる方はこちらを御覧下さい。
  ~#1.札幌出発から深夜の盛岡手前まで~


~#2.早朝の松島・仙台から福島まで~


 宮城県に入るあたりから徐々に空が白み始めました。
 順調に走り続ける車中にいると震災の痕跡にもなかなか気付かないものですが、線路の様子を気をつけて眺めていると、真新しい砂利が撒かれた補修跡が随所に見られ被害の大きさを窺い知る事ができます。


 沿線は田植えの時期でしょうか?
 水をたたえた水田の穏やかな風景がどこまでも広がっていました。



 ほんの一瞬、眼下に見える松島湾のヨットハーバーとJR仙石線・陸前浜田駅。
 ここからでは被害の様子は分かりにくいのですが、帰宅後確認した津波被害の範囲を示す資料によると(※注)、概ねJR仙石線の線路の向こう側まで浸水していたようです。


 松島湾と線路が最も近付く区間。
 すぐ海側を併走するJR仙石線の線路の砂利が真新しくなっているのに気付きました。


 上の場所からトンネルひとつ抜けたところで、線路際に取り残されたように白いボートが置かれていました。
 地面には泥が乾いたようなひび割れの痕。
 もしや津波の痕跡か?と上記資料で確認したところ(※注)、やはりこの一帯は線路も含めて冠水していたことが分かりました。
 海岸を走る区間が比較的少ないJR東北本線。
 私が実際に見た範囲に限って言えば、津波被害箇所は恐らくこれが唯一だったと思います。


 松島から仙台に向かう途中、切り通し区間の側壁が真新しいコンクリートで補強されていました。


 仙台手前、JR貨物の車両基地。
 沢山並んだ機関車の中には「がんばろう東北」のスローガンが貼られたものもありました。


 手元の時計で早朝5時、数分の遅延で仙台に到着。
 この駅も甚大な被害が伝えられていましたが、だいぶ復旧も進んだのか、少なくとも車内から眺めた在来線ホームの様子は以前とそう変わらないようにも感じられました。
 それでも、よく見るとホームの一部に補修跡とおぼしき痕跡を確かに認める事ができました。


 仙台発車後、併走する東北新幹線の高架橋にも確かに数多の補修跡がありました。


 仙台のひとつ隣、長町駅近くの再開発用地には沢山の仮設住宅が立ち並んでいました。



 仙台空港行きのアクセス路線、仙台空港鉄道が分岐する名取駅。
 震災報道でもしばしば耳にした地名ですが、津波被害が及んだのはもう少し海側の方だったようです。
 しかし空港が再開された現在でも仙台空港鉄道は被害甚大で引き続き運休中。
 名取駅から分岐する線路も錆が浮いていました。


 屋根にブルーシートを貼った家は至るところで見られました。


 県境を越えて福島盆地へ。
 遠目には今までと何も変わらぬ平和な風景ですが…。


 手元の時計で6時02分、やはり数分遅延で福島到着。
 いつもは「北斗星」到着の後を追うようにやってくる福島交通の始発電車も、今日は逆に「北斗星」よりも少し先を走っていたようです。
 ところが何かアクシデントでもあったのか、2両編成の電車は駅手前の中途半端なところで停まったまま。
 そのうちに線路を走って駆けつけた職員さんが電車に乗り込み、ようやく動き出す一幕がありました。


 普段と比べても随分閑散としていた福島駅ですが、それでも久々に現れる「北斗星」に向けてカメラを構える方が何人かおられました。
 この先も、きっと駅毎に多くのファンの方々がこの列車の到着を心待ちにされているんでしょうね。

 >>(~#3.郡山・那須から終点上野まで~ に続く)


(※注)津波被害の状況については下記Webページを参照させて頂きました。
「2011年3月11日東北地方太平洋沖地震に伴う津波被災マップ」
 (日本地理学会災害対応本部津波被災マップ作成チーム)
 
http://danso.env.nagoya-u.ac.jp/20110311/map/index.html(※PC用)

【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)

>>道新ブログ「北の駅の待合室 ~北斗星と旅した300回~」も公開中!併せて御覧下さい。(PC)



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 04:54 │北斗星乗車記

削除
【11.5/20】北斗星(上)●2ヶ月ぶり再開一番列車の旅2