さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記 › 北斗星乗車記 › 【08.11/26】北斗星(上)●移住後初の函館乗車

2008年12月02日

【08.11/26】北斗星(上)●移住後初の函館乗車

319回目●08.11/26発 上り「北斗星」 函館→上野(B個室ソロ)


 意外にも…と言うべきでしょうか?
 改めて調べてみると最後に函館から乗ったのは移住前の'02年の7月14日、実に6年以上も前の事でした。
 東京に住んでいた頃は北海道を巡って最後、函館から「北斗星」に乗って帰る事も多かったのですが、なまじ札幌あたりに住んでしまうと敢えて寄る機会はすっかり減ってしまうものです。
 今回は途中の風景取材も兼ねて、札幌から列車を乗り継ぎ、寄り道しながら函館に辿り着いたのが「北斗星」到着の約30分前。
 まだ誰もいないホームの先では、青函トンネル専用の電気機関車が独り静かに主の到着を待ち続けていました。


 車内改札を済ませたらまずはパブタイムの食堂車へ。
 久しぶりにピザを頼んでみました。
 私がしばしば函館から乗っていた頃はまだビーフカレーはメニューに無くて、パブタイムメニューではスパゲティ・ペスカトーレとミックスピザが特にお気に入りでした。
 ペスカトーレがメニューから外れてしまったのはいつ頃だったでしょうか?
 今でも時々、無性に食べたくなってしまいます。


 深夜0時過ぎの青森信号場。
 いつものように機関車交換を終えて発車するその時、隣の線路に突如もう1本、「北斗星」の客車が入ってきてビックリ!
 訊けば先のダイヤ改正・減便で余剰となった客車たちがミャンマーに送られる事になり、その回送列車が船積みされる川崎の港まで運転されたんだとか。
 ほんの一瞬、思いがけぬ最期の再会でした。。。

 ともかく貴重な瞬間をカメラに収めてホッと一息ついていたら、居合わせたアテンダントさんに「あんなに慌ててる周作さん初めて見ましたョ!」と笑われてしまいました。


 少し遅くなってしまったので、モーニングタイムは紅茶だけで失礼しました。
 車窓に広がる北関東の枯野。
 北海道の雪景色とはまた違う意味で、冬の美しさを感じる素朴な良い風景です。


 宇都宮駅のはずれになぜか「カシオペア」の機関車が。
 目ざとく見つけたアテンダントさんも「何で?」と不思議がっておられたようです。
 どうも今回は妙な列車とぶつかるものです。

 それまでの冬晴れから一転、宇都宮を過ぎると突然重い雲が垂れ込めてきました。


 「列車遅れまして大変ご迷惑を…」との再三のアナウンスに少々不安になりましたが、幸いにも僅か4分の遅れで無事に上野到着。
 この先の接続も余裕で間に合いそうです。

 実を言えば些細な怪我と、仕事の都合で2週間ほど日程を先送りしていた今回の旅。
 でもそのお陰で昨晩、遠く異国へと旅立っていく「北斗星」客車の最後の姿に出会う事ができたのですから、これもまた不思議な運命の巡り合わせのような気がします。
 あの客車たちとはもう二度と会う事は無いでしょう。
 せめてこの先、日本に残った仲間の客車たちには、最後の最後まで輝き続けていて欲しいと願うばかりです。

【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)




同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 11:17 │北斗星乗車記

削除
【08.11/26】北斗星(上)●移住後初の函館乗車