さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2008年08月26日

【08.8/26】北斗星(下)●豪雨の翌日

315回目●08.8/26発 下り「北斗星」 上野→札幌(B寝台下段)


 東北地方豪雨の影響で前日の夜行は「北斗星」「カシオペア」共に運休。
 でも上越線~日本海経由の青森行き「あけぼの」は動いていたようですから、その気になれば迂回運転で何とかいけそうな気もするのですが…。
 ダイヤ調整、機関車・乗務員の手配、途中駅での乗降客への対応…等々、一口に迂回といっても大変なリスクを伴うことは容易に想像できるのですが、たとえ何時間遅れになっても運休よりは有難いもの。
 うがった見方かも知れませんが、敢えてリスクを背負ってまで輸送を確保する必然性が認められないほど、夜行列車の存在意義が薄れてしまったのかな?…と、ちょっと残念に思いました。
 とりあえず、私自身は乗車予定の前日だったので辛くも救われたわけですが…。



 「昨日の大雨の影響で2号車を変更しております。お席の決まっていないお客様は車掌まで…」と、発車前から繰返しアナウンス。
 運休で車両運用が1日分ズレてしまったようです。
 車掌さんに伺えば2号車が2段式のB寝台から2人用B個室「デュエット」に変わってしまい、定員も32名から26名に減少との事。
 しかも「代車」が2人用個室とあっては相部屋というわけにもいかないでしょうから、調整にはさぞ苦労された事でしょうね。

 ちなみに私も一度、同様の車両故障に遭った事がありますが、その時は閑散期だったので「デュエット」を一人で使わせて頂き却って得したのを覚えています。

 そうそう、ホームに入ってくる列車を眺めていたら、食堂車の厨房の窓にコックさんの姿がありました。
 ひと足先に尾久の車庫から乗り込んでディナーの準備をされていたようです。
 以前の「北斗星1号」ではコックさんもアテンダントさんも上野から乗られていた記憶があったので、てっきり今の「北斗星」でもそうだとばかり思っていたのですが…意外な発見でした。


 昔はこうして旅をしながら絵を描くのが純粋に楽しかったものです。
 今では締切に追われて…なんて言うと無粋なようですが、でもこうして絵を生業にさせて頂けるのは本当に有難い事です。
 いささか「風が吹けば桶屋~」的ですが、私が絵描きになれたのも「北斗星」のおかげなのかな?と、今でも真面目にそう思っています。


 パブタイムの食堂車。
 いつものようにビーフカレーを頂きながら、ファイターズの戦況をケータイでチラッと覘くと9回逆転負けの大ピンチ!
 思わず手を止め見入ってしまいました(お行儀悪いですネ…)。
 結局、郡山に着くと同時に辛くも逃げ切り試合終了♪
 せっかく勝ったのでケーキセットも追加してしまいました(笑)。


 3週間前に乗った時より随分朝が遅くなってきたようです。
 青森の信号場ではまだ真っ暗。津軽海峡に向かう手前でようやく少し白み始めました。


 青函トンネルを抜けると雨模様。
 海も少々荒れていました。

 「世界最長の青函トンネルを抜けて、津軽海峡を渡り、北の都札幌に向けて北の大地を駆け抜けております…」
 6時25分、函館手前で朝一番の車内放送。
 いつもこういう個性的なアナウンスで楽しませて下さる函館の車掌さんですが、今日の方は特に饒舌だったようです。
 7分の遅れとこの先の到着予定、函館での乗換案内などひと通り丁寧に説明した後、最後は「札幌まで4時間40分余、このような北海道の風景を車窓に楽しみながら北斗星の旅をお続け下さい」と締め括られました。


 久しぶりにお目に掛かった札幌のアテンダントさん。
 実は以前お会いした時、仕事に関わるひとつの「夢」を伺っていたのですが、今夏、その夢を実現することができたと嬉しそうに教えて下さいました。
 伺えば前夜の「カシオペア」で札幌に戻る予定が、運休の影響でこの列車に変更になられたとか。
 でも、おかげで良いお話を伺えたのですから…なんて言ったら叱られそうですね。

 「上野から16時間10分、距離にして1,200キロの長旅、お疲れ様でした…」
 最後まで気の利いた車掌さんのアナウンスに送られて、11時15分、定刻通り札幌到着です。

【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)




同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03 │北斗星乗車記

削除
【08.8/26】北斗星(下)●豪雨の翌日