さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記 › 北斗星乗車記 › 【08.7/18】北斗星(上)●北斗星で行く青森の旅

2008年07月18日

【08.7/18】北斗星(上)●北斗星で行く青森の旅

310回目●08.7/18発 上り「北斗星」 札幌→仙台(B個室ソロ)

 札幌から岩手・青森方面への旅行にも意外と重宝していた「北斗星」。
 3月のダイヤ改正で盛岡・一ノ関に停まる列車が無くなり少々不便になってしまいました。
 現在では仙台が本州最北の停車駅。
 それでも敢えて「北斗星」で青森に向かってみることにしました。



 あれっ、ロビーの雰囲気が変わったかな?と思ったら、ソファの生地が全て張り替えられていました。
 細かい柄の入った淡いスミレ色、なかなか上品な印象です。
 他に変わったところはないようですが、これだけでも随分見違えるものですね。


 約2ヶ月ぶりのB個室「ソロ」利用。
 最近は個室不可の割引きっぷを使う事が多かったのですが、今回使った「みちのくフリーきっぷ」は別料金で寝台券を買わなければならないタイプなので、それならば当然個室を…というわけです。
 特に今回の5号車は「ソロ」車両の中でも比較的後年の製造なので、内装も使い勝手も実によくまとまっていて好印象。
 たまの贅沢の「ロイヤルルーム」はともかくとして、私にとって最も馴染み深くて居心地良いのがこのお部屋です。



 いつものように函館を過ぎてから食堂車に行くと、メニューも開かぬうちに顔馴染みのアテンダントさんが「ビーフカレーですか?」…すっかり覚えられてしまったようですね(笑)。
 そのうち一度「いつもの!」とオーダーしてみようかと思っているのですが…。


 ふと見るとテーブルランプが1つだけ消えていました。
 おゃおゃ球切れかな?と思ってよく見ると、テーブルの下に隠れていく電気コードの途中にこんなスイッチがついていました。
 家庭用の電気スタンドと同様のON・OFFスイッチ、調光不可のシンプルなものです。
 眩しいと感じるお客さんが自分で消せるように、との配慮なんでしょうか?
 そしてコードの先端は壁に設けられたいかにも家電用のコンセントに差し込まれていました。
 こういう仕組みだったんですね、初めて知りました。


 朝の松島。
 この時期だけの車窓の楽しみです。


 早朝5時前に仙台到着。
 当然ながら4月に訪れた時よりも随分明るくなっていました。
 同じ早起きでも真っ暗な駅に降りるよりは何となく気が楽なものです。

 さて、ここから青森方面に戻っていくわけですが…。


 仙台発の下り始発は6時37分の「はやて95号」。
 待ち時間は少々退屈ですが乗ってしまえば寝るだけです。
 一ノ関7時12分、盛岡7時52分、終点八戸には8時37分。
 函館行きの「スーパー白鳥95号」がすぐに接続しますからそのまま青森方面にも向かえます。
 ちなみにダイヤ改正前の「北斗星4号」なら盛岡到着は4時37分…やっぱり随分遠くなってしまったようです。


 ご参考までに今回の切符のお話を少々。

 北東北3県、東北本線でいえば一ノ関まで乗り放題の「みちのくフリーきっぷ」。
 札幌人にとって実に便利な切符です。
 現地までは特急・急行の普通車指定席が使える他、別料金を払えば寝台車も利用可。
 「北斗星」で北東北方面に向かう時にもしばしば利用させて頂いたのですが、フリーエリア内の盛岡・一ノ関には停まらなくなってしまった現在では、 特急寝台料金の他、一ノ関→仙台間の乗り越し運賃を別に払わなければなりません。
 加えて仙台からフリーエリアに戻る際の運賃と、新幹線を使う場合には特急料金が必要になります。

 詳しい内訳は省きますが、ダイヤ改正前、盛岡・一ノ関で降りられた頃に比べると片道あたり5,030円ほど割高になってしまった計算です。
 また、札幌から青森行き夜行急行「はまなす」のB寝台を利用した場合とでは片道あたり6,660円ほどの差となります。
 なかなか微妙な金額ですが…やっぱり乗れるものなら「北斗星」に、と思ってしまうのは私だけでしょうか?

---<参考>---------------------------------
・みちのくフリーきっぷ 20,800円
・北斗星 特急寝台券 9,190円
・一ノ関→仙台 乗車券 片道1,620円/往復3,240円
・仙台→一ノ関 新幹線自由席特急券 1,790円
------------------------------------------

【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12 │北斗星乗車記

削除
【08.7/18】北斗星(上)●北斗星で行く青森の旅