さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記 › 北斗星乗車記 › 【08.6/11】北斗星(下)●ブルートレインブーム?

2008年06月15日

【08.6/11】北斗星(下)●ブルートレインブーム?

307回目●08.6/11発 下り「北斗星」 上野→札幌(B寝台下段)

 帰りのベッドは最後尾11号車の3番下段。
 これより後ろの席に乗客の姿は無かったようですから、往復とも文字通り「末席を汚した」とでも言いましょうか…?
 ところで先のダイヤ改正以降、時刻や客車編成だけでなく、列車そのものの雰囲気も微妙に変わってきたのかな?と感じる事があります。
 食堂車、ロビーカーは常時満席、駅ではカメラの放列…移動の足というよりも「北斗星」に乗ること自体が目的のお客さんが多くなっている気がします。
 ふた昔前の青函トンネル開業当初や、四半世紀以上前の「ブルートレインブーム」を髣髴とさせる熱狂ぶり…と言って通じるのは三十代以上の方ですね(笑)。



 今夜のパブタイムも食堂車は満席!
 40分ほどロビーで待って、オーダーストップ直前になってようやく席につけました。
 新メニューの梅ワイン、残念ながら下戸の私には無縁の存在です。


 こんなところに荷物掛け(?)があったんですね!!
 20年間乗り続けてきたのに今まで全然気付きませんでした…。


 今の季節、青森を過ぎたあたりで早くも夜が明けます。
 本州側から見る津軽海峡の朝陽、ちょっと新鮮な光景です。


 青函トンネルを抜ける頃にはすっかり陽も高くなっていました。
 本州側と北海道側、1本で2度楽しめる津軽海峡の朝の風景。
 海岸線の表情も随分異なるようですね。
 ちなみに今日は最後尾車両の最後尾席。
 カーブにかかると先頭の機関車までよく見えて何となく嬉しくなります。


 函館駅での機関車交換。
 カメラを向けるお客さんの姿は毎度見られる光景ですが、今回はいつも以上に賑わっているようです。
 「北斗星」自体を楽しみに乗られる方がそれだけ多いという事でしょうか?


 雲ひとつない見事な快晴。
 車窓の大沼国定公園は初夏らしい爽やかな風景です。


 朝食専用の四角いお皿。
 水平に置くか斜めに置くかはアテンダントさんの個性でしょうか?
 個人的には斜めに置いて頂けるとお椀の納まりが良いように感じます。

 最近ではいつも満席の朝の食堂車ですが、今日は少し遅めに覘いてみたら割と空いていました。
 朝の長い下り列車、どうやら伊達紋別あたりでゆっくり出掛けるのが良さそうです。


 札幌到着。
 ここでも大勢のお客さんがカメラ片手に機関車に駆け寄ってきました。
 先頭の機関車は検査上がりでしょうか?
 汚れひとつないピカピカのボディが初夏の陽射しにまぶしく輝いていました。

【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)




同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 02:32 │北斗星乗車記

削除
【08.6/11】北斗星(下)●ブルートレインブーム?