さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


【北斗星乗車記★彡】リピーター・イラストレーター鈴木周作の旅日記 › 北斗星乗車記 › 【08.5/11】北斗星(上)●美しい客車、全盛期の面影

2008年05月11日

【08.5/11】北斗星(上)●美しい客車、全盛期の面影

304回目●08.5/11発 上り「北斗星」 札幌→上野(B寝台下段)

 同じ「北斗星」でも特にお気に入りの客車に当たるとやっぱり嬉しいものです。
 大賑わいの食堂車、旧知のアテンダントさんとの再会なども重なって、「北斗星」が最も元気だった頃を想い起こさせるような、ちょっと懐かしい旅になりました。


 あの赤いテーブルランプの食堂車なき今、一番のお気に入りはこの車両かも知れません。
 6号車ロビーカー。
 中でも少し後になって増備された1両は、20年前の開業と同時にデビューした他の車両と比べると、窓の広さ、室内レイアウトから内装仕上げ、照明に至るまでまるで別物の素晴らしい仕上がりになっています。
 前作から僅か1年ほどの間にこれだけの学習成果を見事にフィードバックさせた当時の設計陣の技量には舌を巻くばかりです。
 ロビーカーに限らず、B個室ソロ/デュエットも、先の改正で引退してしまった食堂車やA個室ロイヤルも、やっぱりこの時期に造られた車両が最も美しくまとまっていたようです。
 今思えばあの頃が「北斗星」の全盛期だったような気がします。


 車両検査の都合でしょうか?いつもはB個室デュエットのはずの2号車には一般のB寝台車が連結されていました。
 といっても、これもよく見れば一癖ある車両のようで、他とは違うデッキ周りの造作がなにやら曰くありげです。
 実はこの車両も上のロビーカーと同じく開業後しばらく経ってからの増備車。
 エコノミークラスとはいえ細かいところにも気を配られた内装など、地味ながらこの列車に懸ける当時の関係者の熱意が感じられるようで好感の持てる車両です。


 パブタイムの食堂車で懐かしいアテンダントさんとお会いできました。
 多分、現役の方の中では最も古くから存じ上げている方だと思います。
 当時は3往復の「北斗星」のうち、「1・2号」が上野、「3~6号」が仙台の営業所と担当が分かれていて、それぞれの気風というか、車内サービスの雰囲気も微妙に異なっていて興味深く思えたものです。
 アテンダントさんの制服も現在のように他の特急列車などと同様のものではなく、北斗星オリジナルの黒い蝶ネクタイでした。
 気がつけばもう一昔以上前の話。
 その頃を知る乗務員さんはもう殆どおられないかも知れませんね。


 モーニングタイムの食堂車は大混雑!
 開店直後に並んだのに席に着くまで1時間ほど待つ事になりましたが、この盛況ぶりはむしろ頼もしく映ります。
 今日は見習の新人さんも加わって、いつもより多い4人のアテンダントさんが満席の車内を忙しく動き回っておられました。
 昭和の汽車旅全盛期を思わせるような、活気溢れる清々しい朝の風景でした。


 上野到着後、ホームから食堂車を覘くと既に復路のディナーのテーブルが準備されていました。
 見ると厨房にはチーフとおぼしきアテンダントさんが一人残って何やら作業を続けておられる様子。
 結局そのまま回送列車に乗って車庫まで行かれたようです。
 どんなに作業が溜まっていても秒刻みのダイヤで動き続ける列車のお仕事、そのご苦労をちょっとだけ垣間見た気がしました。


 余談ながら翌日、上野駅まで「北斗星」の出発を見送りに行くとこんな情景に出会えました。
 ブルートレイン便…と言うんでしょうか?
 昔はこういう高速荷物輸送も夜行列車の重要な使命だったのですが、夜行列車自体がすっかり珍しくなった今では滅多に見られなくなってしまったものです。
 恥ずかしながら今でも「北斗星」で荷物を運んでいたとは私も気付きませんでした。
 これもある意味、汽車旅全盛期の名残り。
 もしかすると最後のブルートレイン便もこの「北斗星」になるかも知れませんね。

【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(Mobile)
【北斗星の絵】イラストレーター鈴木周作公式サイト(PC)



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事画像
【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星
【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車
【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ
【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに
【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延
【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と
同じカテゴリー(北斗星乗車記)の記事
 【14.2/25】北斗星(下)●明けの明星 (2014-11-27 01:08)
 【14.1/18】北斗星(下)●土曜日の下り列車 (2014-11-26 13:19)
 【14.1/16】北斗星(上)●雪の具合を案じつつ (2014-11-25 21:48)
 【13.12/21】北斗星(下)●唯一、最後のブルートレインに (2013-12-21 19:03)
 【13.12/19】北斗星(上)●クリスマス前の大遅延 (2013-12-19 17:12)
 【13.12/2】北斗星(下)●一夜限りの「ゆうづる」と (2013-12-02 19:03)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12 │北斗星乗車記

削除
【08.5/11】北斗星(上)●美しい客車、全盛期の面影