さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2013年02月16日

【13.2/16】北斗星(下)●真新しいキーホルダー

乗車422回目●13.2/16発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 車内改札の車掌さんに渡されたルームキーのキーホルダーがいつのまにか新品に替わっていました。
 厚みのある革製のなかなか立派なもので、今でも北海道の車掌さんが車内で販売されているお土産品と同じもの…かと思いきや、販売用はかつてA個室「ロイヤル」の鍵として使われていたもののレプリカで、ヘッドマークが型押しではなく別の金属部品になっているなど全くの別物です。
 わざわざ別注で作られたのか、それともたまたま社内に残っていた在庫品を出してきたのかは分かりませんが、いずれにせよ運転開始から四半世紀、今でも現場の方々が「北斗星」を大切にして下さっている様子を垣間見たような気がしました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年02月14日

【13.2/14】北斗星(上)●重たい湿雪の中

乗車421回目●13.2/14発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 テレビ塔も、JRタワーの頂上も見えない位、札幌を出る時から重たい湿雪がかなり激しく降り続いていました。
 見ていると、この列車も、すれ違う列車も軒並み数分程度ずつ遅れが出ているようです。
 出発前に見た天気予報では今週末も荒天との事。
 ちょうど復路の頃に当たりそうで、今からちょっと心配になります。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年01月23日

【13.1/23】北斗星(下)●福井からの帰り道

乗車420回目●13.1/23発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 福井取材の往復に「北斗星」を使うのも何だか不思議な気がしますが、途中東京にも色々用事はありますし、ならば二度に分けて出掛けるよりも一度の旅にまとめてしまったほうが、日程、旅費ともに楽になるというものです。
 今回の目的は年明け最初のえちぜん鉄道訪問。
 昨年秋、原画展を開催させて頂いた山王駅の待合室はその後すっかり綺麗にリフォームされていました。
 他にも、つい先日搬入されたばかりの新型車両や、それと入れ替わるように引退した旧型車両の解体作業の現場など貴重な場面も色々見ることができて、バタバタと駆け足ながらも実り多い取材になりました。
 えちぜん鉄道も、「北斗星」も、今の私にとっては創作活動の核ともいえる大切なテーマ。
 天秤にかけることなど出来るわけもありませんが、何度乗っても、何度訪れても、まだまだ見るべきものが一杯で、両方とも本気で掘り下げようと思ったら本当に身体が二つ欲しくなる位です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年01月19日

【13.1/19】北斗星(上)●「北の星空の下を…」

乗車419回目●13.1/19発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 「それでは、北の星空の下を駆け抜ける『北斗星』の旅をどうぞお楽しみ下さい…」
 札幌発車後、定石通りに列車編成や主な駅の到着時刻をひと通り伝え終えた車掌さんは、最後に粋な言葉で車内放送を締め括られました。
 数日前から少々風邪をこじらせてしまいましたが、幸い咳も出なくなり、熱も平熱に下がったので何とか大丈夫そうです。
 いささか見切り発車の感もありますが、予定通り今夜の上り「北斗星」で出発することにしました。
 今夜は無理せず、おとなしく極力部屋に籠って過ごすことにします。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2013年01月09日

【13.1/9】北斗星(下)●新年初遅延

乗車418回目●13.1/9発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 シャワーカードを買いに食堂車に行くと、顔なじみの男性アテンダントさんに「今日は遅らせないで下さいよ!」と笑われました。
 勿論、決して彼が非礼なわけではなく、温かな人柄と親近感あってこその冗談ですが、どうやら私が乗る日は遅延が多いとすっかり覚えられてしまっているようです。
 今日の夕食はパブタイムのピッツァ・マルゲリータ。
 以前メニューにあったミックスピザも好きだったのですが、この薄手のパリッとした生地の美味しさもお気に入りです。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2013年01月06日

【13.1/6】北斗星(上)●年明け最初の「北斗星」

乗車417回目●13.1/6発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 新年最初の「北斗星」、食堂車の入口にはクリスマスリースに替わって正月飾りが掛けられていました。
 家族連れや友達同士、カップルに一人旅、それに外国人グループなど、今夜の客層は様々ですが、発車後すぐに車内探索といった様子で各車両を回られる方が多かったのはいかにも冬休みシーズンらしい雰囲気です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年12月25日

【12.12/25】北斗星(上)●車両故障と猛吹雪と…。

乗車416回目●12.12/25発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室デュエット)


 猛烈な低気圧の接近で北日本は大荒れの予報。
 十中八九、「北斗星」も運休だろうと内心諦めてはいたのですが、予定通り走ると訊いて逆に驚いてしまいました。
 ところが、発車案内の「北斗星」の文字を見て安堵したのも束の間、入線予定の17時03分を過ぎても一向に列車が現れる気配がありません。
 やがてホームに流れたのは「車両点検の為、入線が遅れております…」とのアナウンス。
 まだ手稲の車両基地を出ていない…ということは、入線はかなり遅れることになるのでしょう。
 とりあえず、寒いホームからコンコースに降りてストーブの前で待つとします。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年12月01日

【12.12/1】北斗星(下)●遅延のクリスマスプレゼント

乗車415回目●12.12/1発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 帰りの「北斗星」に乗る前に書店を覘いたら、「北斗星」のイラスト・記事を寄稿させてて頂いた「旅行読売」2013年1月・夜汽車特集号が既に並んでいました。
 毎月2日発売と訊いていたのですが、明日の2日が日曜日なので1日早くなったのでしょうか?
 いずれにせよ札幌の書店に並ぶのは更に数日先になりますから、今日のうちに手にすることができてちょっと得した気分です♪
 もっとも、そんなささやかな幸運を喜んだのも束の間、実はこの後、思わぬ大遅延に巻き込まれてしまうことになるのですが…。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年11月28日

【12.11/28】北斗星(上)●猛吹雪の翌日

乗車414回目●12.11/28発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 先月10月27日のダイヤ改正で「北斗星」の発車ホームが4番線に変わりましたが、それまで入っていた隣の5番線には今日は学園都市線・北海道医療大学行きの新型電車が停まっていました。
 学園都市線といえばディーゼルカー、それも本来はこの「北斗星」のように機関車に牽かれて走る「客車」だったものにエンジンを積んで自走できるよう改造した「PDC」と呼ばれる珍しいタイプの車両ばかりが走っている印象が強かったのですが、電化に伴う今年6月、10月の二度の改正で新型電車に置き換えられて、今ではすっかり都会的な雰囲気に変わってしまったようです。
 道内の猛吹雪の影響で一昨日11月26日発の下り「北斗星」は函館打切り。
 昨日27日発の下りも2時間半ほどの遅延と訊いて折返し今夜の上りの発車も遅れるのではないかと心配しましたが、折り返し整備の作業員さんが頑張って下さったのでしょう、定刻17時12分に無事札幌駅を出発することができました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年11月13日

【12.11/13】北斗星(下)●三十路最後の想い出

乗車413回目●12.11/13発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 えちぜん鉄道・山王駅での原画展、おかげさまで盛況でした。
 本当に小さなローカル線の駅ですが、それだけに駅員さん・社員さんや地元の方々と一緒に、手作り感溢れるアットホームなイベントができたと嬉しく思っています。
 展示を終えての帰路、米原~東海道新幹線経由で途中東京で1泊。
 元々都内でお仕事の可能性もあったのですが、どうやら次回、月末以降になりそうな感触になってきたので、今回はおとなしく翌日の「北斗星」で札幌に戻ります。
 額縁18枚は宅配便で送り返してしまったので少し身軽になりましたが、それでもそろそろ長旅の疲れが身に沁みてくる頃です。
 さすがに今夜は食事を済ませたら、おとなしく早めに休んでしまうつもりです。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年11月09日

【12.11/9】北斗星(上)●えちぜん鉄道・山王駅原画展へ

乗車412回目●12.11/9発 上り「北斗星」 札幌→大宮(B個室ソロ)


 今回の旅の目的は明後日11日のえちぜん鉄道・山王駅での原画展。
 近日中のリフォーム工事が決まったのを受けて、昔のままの駅舎の中での最後の思い出にイベントを催させて頂こうという趣向です。
 実は工事の報を受けたのがつい先月の福井取材から帰ったばかりの時で、大慌てで企画をまとめて交渉して、正式に開催が決まったのはほんの半月ほど前の話。
 私自身もビックリするような急転直下の展開でしたが、わざわざ工事日程を調整してまで応えて下さったえちぜん鉄道さんには只々感謝するばかりです。
 というわけで原画・額縁一式携えて大荷物での福井行き。
 空港までの移動や乗り換え、荷物の受け渡しなどの面倒を考えると、こういう時こそ飛行機よりも個室寝台車のありがたみが分かろうというものです。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年05月24日

【12.5/24】北斗星(下)●ギリギリの顛末

乗車404回目●12.5/24発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 東京滞在最終日、ちょっと足を延ばして静岡県・大井川鉄道のSL列車に乗ってきました。
 最後に訪れたのは多分中学生の頃だったと思いますから、実に四半世紀ぶりの訪問です。
 木製の椅子や窓枠も懐かしい古い客車に揺られて終点・千頭まで一往復、復路の「かわね路2号」で新金谷到着16時10分。
 今夜の下り「北斗星」に間に合うよう、ともかく普通列車と新幹線を乗り継いで東京・上野へと急ぐことにしたのですが…。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年05月21日

【12.5/21】北斗星(上)●金環日食とスカイツリー

乗車403回目●12.5/21発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 今朝は国内では約四半世紀ぶりとなる金環日食。
 それも見ることができるのは概ね南東北以南の太平洋側だけだと後から訊いて、それならあと一日早く出発していれば…と少し後悔してしまいました。
 そのかわり、明日5月22日は東京スカイツリーの開業初日。
 別に観に行く予定は無いのですが、歴史に残る日の朝に東京に着けるというだけで何となく嬉しくなってしまうから不思議なものです。
 大型連休も過ぎ、夏の観光シーズンにはまだ早い平日の上り列車とあって車中は閑散。
 ディナーの予約も無かったらしく、食堂車ではいつもより随分早く、登別あたりからパブタイムが始まりました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年04月14日

【12.4/14】北斗星(下)●改正後はじめての下り列車

乗車402回目●12.4/14発 下り「北斗星」 大宮→札幌(B個室ソロ)


 福井・えちぜん鉄道の桜取材の帰路、北越急行~上越新幹線を乗り継いで大宮から「北斗星」に。
 幾度となく繰り返したおなじみのルートですが、3月ダイヤ改正以降、下り列車に乗るのは今回が初めてです。
 改正前とは編成の向きが逆転したので、大宮では寝台側の窓がホームに面して停まることに。
 部屋に入ってカーテンを開けると、通勤列車を待つ人々と目があってちょっと微妙な空気が流れます。
 ロビーカーでは早くも団体さんが宴会中。
 週末とあって車内はそこそこ混み合っている様子。
 長旅の疲れもそろそろ出てきたので今夜は早めに休もうと思います。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年04月10日

【12.4/10】北斗星(上)●公衆電話、終了。

乗車401回目●12.4/10発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 閑散とした夜のロビーカーで電話を掛けようとされていた女性のお客さん。
 テレホンカードを差し込むと度数表示は出るものの、やがて電波が通じていないことに気付いて残念そうに帰って行かれました。
 「北斗星」の開業は在来線列車に公衆電話サービスがようやく普及し始めた頃だったでしょうか?
 当時は移動中に電話できること自体がまだまだ物珍しく、「青函トンネルに入ったら家族に電話するんだ!」と観光客の方々が深夜のロビーカーで待ち構えていて、いざトンネルに入ってみると電波が通じずガッカリ…という光景もしばしば見られたものでした。
 今では利用者もめっきり少なくなり、むしろ携帯電話の充電ができるコンセントを探して車内を右往左往…の時代。
 なければ困るというものでもなく、かく言う私もここ十年ほど利用した記憶はないのですが、それでも開業以来続けられてきた車内公衆電話サービスが3月末で終了したと訊くと何故か心許なく感じてしまうから不思議です。
 自身401回目、3月ダイヤ改正以降はじめての「北斗星」乗車。
 公衆電話の他にももっと大きな変化がありました。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年03月13日

【12.3/13】北斗星(下)●祝!「北斗星」24周年

乗車400回目●12.3/13発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 在京時代お世話になっていた旅行センターのあった場所が、いつのまにかカフェに変わっていました。
 この駅のすぐ近くの職場に勤めていた頃から、会社を辞めて独立して、いよいよ札幌に移住する最後の下り列車の切符まで、「北斗星」だけでも恐らく200回近くはそのお店で手配して頂いたと思います。
 お店そのものはすっかり変わってしまったものの、窓辺の席に座ってみると、当時の面影そのままの懐かしい駅構内の風景。
 まさに節目の日の旅立ち前には格好のシチュエーションとなりました。
 今日、3月13日は「北斗星」開業24周年の記念日、そして個人的にはちょうど400回目の「北斗星」乗車です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年03月11日

【12.3/11】北斗星(上)●あれから一年…。

乗車399回目●12.3/11発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 実は1年前の3月11日、あの震災の日の上り「北斗星」には私の大切な友人が乗務するはずでした。
 差し障りがあるといけないので所属・職種は差し控えますが、次の乗務先ではとても楽しみな事があるんだと、前日、ちょうど札幌市内で開催中だった私の個展を訪ねてきて嬉しそうに話してくれたのを覚えています。
 結局、その後2ヶ月以上に及んだ運休期間中に友人は職場を移ることになり、再び「北斗星」に乗ることは叶いませんでした。
 なので、あの被災地の惨状と共に、私の中では心ならずも列車を離れた友人の無念がずっと棘のように胸の内に残っていました。
 あれから一年…。
 友人の代わりに…というわけではありませんが、あの時出発できなかった「3月11日発の上り列車」に乗って行くことが、私にとってはある意味、ひとつのケジメのような気がしています。
 明朝、車窓から被災地に手を合わせてこようと思います。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年02月25日

【12.2/25】北斗星(上)●最後の越前・若狭周遊きっぷ

乗車398回目●12.2/25発 上り「北斗星」 札幌→東青森(B個室ソロ)


 福井県内ほぼ全域のJR線と、えちぜん鉄道の一部区間まで乗り放題の「越前・若狭ゾーン周遊きっぷ」。
 ここ数年、福井取材の行き帰りなどでも随分重宝していたのですが、残念ながら今年3月いっぱいでの廃止が決まってしまいました。
 かつての「ワイド・ミニ周遊券」が「周遊きっぷ」にリニューアルされて既に10年以上。
 当初はその使い勝手などに賛否両論あったようですが、フリー区間までの「ゆき・かえり券」の経路が自由に設定できることや、「ゾーン券」の程よい有効日数など、個人的には大歓迎!の実に有難い商品でした。
 もしかしたら、私のような「周遊きっぷ」頼みの旅行スタイルそのものが時代遅れになってしまったのかも知れませんね。
 今回もまた「北斗星」利用・東京経由での福井取材、この切符のお世話になるのもいよいよこれが最後です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記

2012年02月17日

【12.2/17】北斗星(下)●今回もまた車中連泊

乗車397回目●12.2/17発 下り「北斗星」 上野→札幌(B個室ソロ)


 今回はいわゆる「夜行日帰り」。
 急いで用事だけ済ませて、今夜の下り「北斗星」で札幌に戻ります。
 ちょっと慌しそうですが、仕事の都合であまり長く札幌を離れたくない時など、これくらいの方が却って気軽で良い事もあります。
 そういえば先月は「北斗星」4連泊、今回は2連泊…年が明けてからなぜかこういう旅程ばかり。
 それも決まって5号車B個室「ソロ」で、しかも今夜はまた昨晩と同じ8号室です(笑)。
 今夜も日本海側を中心に大荒れの予報、「北斗星」以外の夜行列車は軒並み運休決定です。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 19:03北斗星乗車記

2012年02月16日

【12.2/16】北斗星(上)●道内、寒波襲来

乗車396回目●12.2/16発 上り「北斗星」 札幌→上野(B個室ソロ)


 昨晩から道内は荒れ模様。
 運休にならないかと出発間際まで心配だったのですが、幸い「北斗星」のルートにはそれほど大きな影響は無かったようです。
 札幌を出る頃はまだ穏やかだったものの東室蘭あたりから本格的に吹雪き始め、伊達紋別には数分ほど遅れて19時17分到着。
 ここで行き違う19時10分発、下り「北斗17号」が我が「北斗星」の到着を待ちわびているかと思いきや、向こうもやはり遅れていたらしく、ようやく暗闇にヘッドライトが見えたのは「北斗星」到着よりも少し後の事でした。

  続きを読む


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:12北斗星乗車記